入るのも嫌だと思ったボロボロ物件!古家は嫌!でもコレなら♪


あやこ_古家物件

んにち!あやこです!

今日は、私がカラーズバリューに入社した時に初めてしたことでもある
「古家(空き家)見学」のことを書きたいと思います。

なぜ、「古家(空き家)見学」したかというと、
それは、古家(空き家)とはどういうものなのか?を知る為です。

「古家(空き家)見学」は、上司に連れて行ってもらいました。

どんな古家を見に行ったかというと。
上司が目を付けた古家(空き家)の売物件です。
これが、私が想像してた以上のボロ物件。(汗)

どれくらいボロ物件かというと・・・。
「(上司には言ってませんが)正直、入りたくない・・・。」
「だって、服が汚れそうだし、空気悪そうだし、変な臭いしそうだし・・・。」
と思う程のボロボロ物件です。

おお ;

おおお

 

古家(空き家)って言葉では、汚いイメージないけど古家=ボロ物件じゃん!
って思ってしまいました。

何件か古家(空き家)を見て回った後
弊社(カラーズバリュー)でリフォーム(古家再生)した物件を見せてもらいました。

 

カラーズリフォーム(古家再生)物件

・・・え?
めっちゃ綺麗やん!!(笑)
しかも、めっちゃお洒落やん! !
これなら全然住める!!
いや、住みたい!(笑)

おおおおお llll
lljj jggg

 

階段もおしゃれやし。

私、右の階段のイラストにすごく惹かれました(*´Д`)

ggt


上司に聞いてみると、これはオーナーさんと相談して
イラストレーターさんに頼んで書いていただいたそうです。

 

こーやって“少し変わった特徴をつける
いわゆる “差別化” というそうなのですが
これをすることによって他の貸物件と差がつき
入居者さんが付きやすくなるらしいです!!

 

で、カラーズバリューのスタッフはこれを全員意識してるみたい。

なるほど~~~~って感じですね♪
(上司!勉強になりました)


こんな感じで、古家(空き家)物件の再生前、再生後を何件も見て回って行くうちに
次、ここはどんなデザインの家になるんやろ~・+(*゜∀゜*)+・

って見に行くのが楽しくなってくるあやこでした。

 

今日のまとめ

  • 人が住みたくないような古家(空き家)を買う。
  • 人が住みたくなるようなリフォーム(古家再生)をする。
  • リフォームは、差別化が大事。

では、またお会いしましょう!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

カラーズバリューの最新情報をお届けします!